需要増!?医療系のおすすめ職種

医療系の職業は、時代や景気に左右されないため、常に需要が高いと言われていますが、今後さらに人手が必要になる医療系のおすすめ職種を3つ紹介したいと思います。
(今回紹介するおすすめ職種の詳細も!医療系のおすすめ職種はこちらをチェック→☆★☆あなたにフィットする医療職種☆★☆

まず1つ目は、病気や事故で身体が不自由になった人や、高齢者の運動能力回復を手助けする「理学療法士」です。医師の指示の下に行われるリハビリテーションを通して、座る、立つ、歩くなどの基本的な運動機能を回復するサポートをします。2つ目の職種は、理学療法士と似た仕事としてあげられることが多い「作業療法士」です。こちらもリハビリテーションを通した援助を行いますが、運動機能の回復を目指す理学療法士に対して、作業療法士は「手芸」や「箸を持つ」こと、「炊事」など関節の動きを必要とする身体機能の回復を目指したり、精神に障害のある人に対して社会で生き生きと生活できるように精神面でのサポートなどを行っています。3つ目は、言語聴覚士です。生まれつきの障害や事故、病気、高齢のために、「話す」「聞く」「表現する」「食べる」という日常動作に不自由を持った人々をサポートする職業です。

医師や看護師、薬剤師ほど知名度のある職種ではありませんが、それぞれが問題の本質や発生メカニズムを解明し、検査・評価を通して対処法を見出し、医師と協力して多角的に援助を行うプロフェッショナルな職業なんですよ。

また、彼らの主な職場は病院や介護施設での勤務となるのが一般的です。作業療法士の場合は精神面でのサポートを行うことが可能なため、障害者福祉施設や児童養護施設などでの求人も多く見られます。大きな責任を伴う職業ではありますが、生まれつきや病気、事故で障害を持ってしまった人に加え、増加が予想される高齢者をサポートするために、ますます活躍の場が増えると期待されています。